雪上で再確認、スバル・新プラットフォームの安心感はバツグン!

北海道・新千歳モーターランドをベースに、富士重工業が「オールラインナップ雪上試乗会」を開催しました。「シンメトリカルAWD」という独自の駆動レイアウトをコア・テクノロジーとしているスバル車のトラクション性能をクローズドの雪上コースにて存分に体感できる好機です。

なにしろ、2016年に世界生産で初めて100万台を突破したスバル車の98%はAWD(四輪駆動)なのですから、そのアドバンテージが感じやすいであろう雪上性能が気になるのは当然でしょう。

20170117subaru-awd-by-maeda_016

スバルには現在4種類のAWDシステムがラインナップされているのは、ご存知でしょうか。

もっともポピュラーなのは、新型インプレッサはじめ、レガシィやフォレスター、レヴォーグ(1.6)などに採用されている『ACT-4』と呼ばれているもの。ACTとは「アクティブ・トルク・スプリット」の頭文字をとったもので、多板クラッチにより前後の駆動力をコントロールする方式で、状況によってはフロント駆動だけにもなる、パートタイム4WDの発展形といえるものです。

そのほか、フォレスターのMTや海外仕様のMTには、ビスカスL.S.D.付きセンターデフのフルタイムAWDが用意されています。また、レヴォーグ(2.0)やWRX S4は電子制御L.S.D.と不等トルク配分センターデフを組み合わせたVTD-AWDが採用されています。

そして、スバルのスポーツフラッグシップモデルであるWRX STIには専用といえるDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・ディファレンシャル)が搭載されています。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。