元F1ドライバー中嶋悟さんがアイルトン・セナを『優しい弟』と思ったワケは?

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンから発売中の、F1史上に輝いた歴代の名車ダイキャストモデルが毎号1つ付属するマガジンシリーズ「F1マシンコレクション」。その創刊記念イベントに中嶋悟さんが登場し、トークショーが行われました。

img_3495

中嶋さんは1987年、日本人初のF1フルエントリードライバーとして、名門チーム・ロータスよりF1世界選手権にデビュー。入賞4回を記録しシリーズ11位、日本人F1フル参戦への道を切り開いたトップドライバーです。現在はNAKAJIMA RACING総監督としてスーパーフォーミュラやSUPER GTに参戦しています。

1月24日(火)発売の「F1マシンコレクション」第2号には、中嶋さんの記念すべきF1デビューマシン、ロータス99Tが付属されます。

img_3464

—自分のマシンを見てどうですか?

「ちょうど30年前の思い出深い最初のマシンが、このような形で発売されてちょっと嬉しいです。最近テレビで当時のレースを見たのですが、自分の肌がキレイでびっくりしました(笑)。」

—デビューイヤーである1987年はどのような年でしたか?

「全16戦中、日本GP以外は初めての場所がほとんどでした。当時は飛行場からサーキットまでレンタカーで自分で行かなくてはいけなかったんです。今みたいにナビもないですよ。30年も前だと(笑)。そういうことも含め、物凄い1年であっという間に終わりましたが、楽しかったです。」

「初戦のスターティンググリッドについた時、『やっときたぞ!』『さぁ行くぞ!』と思いました。自分の周りにはセナやプロストといった憧れのドライバー達がいる。スタートの瞬間、ライトが変わるのを見落としちゃうんじゃないかと思うくらい嬉しかったし、感動しました。一番の思い出ですね。」