【東京オートサロン2017】年内発売?「ヴィッツ」と「アクア」のスポーツモデルが登場!

幕張メッセで開催中のカスタムカーイベント「東京オートサロン2017」で、トヨタ自動車(以下トヨタ)が、GAZOO Racingブースでヴィッツとアクアをベースにした2台のコンセプトモデルを公開しました。

まずは、ヴィッツベースのコンセプトモデル「Vitz TGR Concept」から見ていきましょう。

TOYOTA_VITZ

このクルマは、2013年に200台限定販売されたGRMNモデル(Vitz GRMN Turbo)の流れを汲むコンセプトモデルで、ヴィッツの3ドアモデルをベースに、フロンマスクがいっそう精悍なデザインにモディファイされており、「走り」を強く予感させます。

リヤスポイラーもGRMNモデルと異なり、ウイングタイプが採用されている点も見逃せません。

TOYOTA_VITZ

エンジンのスペックは公開されていませんが、GRMNモデルがそうであったように、ターボ搭載により、最高出力、最大トルクが向上、それに合わせてボディ剛性を強化し、サスペンションも専用にチューニングされているものと予想されます。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事