シトロエン「C4 PICASSO」にクリーンディーゼル追加、運転支援技術も搭載して価格は347万円から

シトロエンの5人乗りMPV「C4ピカソ」/7人乗り「グランドC4ピカソ」の日本仕様に2.0リッタークリーンディーゼル『BlueHDi 」を搭載したグレードが追加設定され、2017年春より発売開始となることが発表されました。

Thomas Brémond @ Dream On Productions

同時に、フロントマスクもマイナーチェンジされ、5人乗り/7人乗りで共通の顔となっています。また、ハンズフリー電動ゲートや歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ、先行車追従型クルーズコントロール(30km/h以上)、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなど最新の安全装備もプラスされています。

5人乗り/7人乗りとも1.6リッターガソリンと2.0リッターディーゼルをラインナップ、いずれも6速ATが組み合わされています。メーカー希望小売価格は5人乗りガソリン車が347万円、5人乗りディーゼルが372万円、7人乗りガソリン車は355万円、7人乗りディーゼルは380万円となっています(消費税込)。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。