初代カローラのシートが変則的フルフラットシートを実現できた理由とは?【Corolla Stories 47/50】10月20日、本日はカローラ50歳の誕生日です。おめでとう!

車中泊という言葉が定番化した現代ですが、80年代に登場した5代目カローラでは、5ドアモデルが車中泊が可能なほどのフルフラットシートを実現していました。

実は初代カローラでも、車中泊はちょっと無理ですが、リラックスできるくらいのフラットさを提供できる構造があったのです。全長わずか3.8mのセダンですから、その小ささは今見ると驚くべきものです。そんな車でフラットなシートができるのか? と思われるかもしれませんが、ちょっとした工夫で可能だったのです。

700505_corolla_coupe_sl_059

まずリヤシートのシートバック(背もたれ部)の下を持ち上げます。それからフロントシートのシートバックを倒します。これでフラットなシートが完成します。

初代にしてカローラのフロントシートは、前後スライド量が12cm、シートバックは16段階に倒すことができました。このフロントシートに、さらなるアイデアを加えたのが、このフル・リクライニングシートなのでした。

corolla1966_1_ll

こうした車本来の機能以外の部分での気の利く装備は、「大衆車」という新しいジャンルに踏み込むに当たって、その車がもたらすもの、使うユーザーを十二分に考えられたことが推察されます。

67_5_15_toyota_corolla_4_l

それだけ、開発する人たちも、情熱を持って意欲的に取り組んだということですね。

(文:10/24発売・歴代カローラのすべて/松永大演)

 

【関連リンク】

001

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

collora1-20160920183524

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

collora2-20161004174631

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

bnr

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事