子供たちが描く未来のクルマ! 「トヨタ夢のクルマアートコンテスト」

トヨタ自動車が、世界の15歳以下の子供達を対象に毎年開催している「トヨタ夢のクルマアートコンテスト」。

TOYOTA

このコンテストは、2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」に先立ち、モータリゼーションが進むアジア近隣諸国の子供達に「自動車の未来や夢」について発表してもらう場を提供するために企画されたのが始まりだそうです。

第5回(2011年)からワールドコンテストへと拡大し、今年で第10回を数えており、これまでに300万点以上の応募作品が集まっている模様。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。