次期アウトランダーか!? 三菱が新型スモールクロスオーバーMPVを世界初披露

eKワゴン、eKスペースの生産再開、販売を開始した三菱自動車。

信頼回復の道のりは決して容易なものではないでしょうが、日産の力を借りながら復活するには新型モデルの存在も欠かせないでしょう。

燃費不正問題以前は、軽自動車と電動化車両(PHEVやピュアEV)が二大看板で、そして従来からの強みであるSUVという構図でしたが、今後は軽の復活だけでなく、より電動化車両、SUVの存在感が増しそう。

ex_Concept

しかし、次期RVRは開発が遅れているという問題があったという報道もあったなかで燃費不正問題という状況になりましたから、スケジュールの重要性はあったとしても「より良いモデル」をリリースしないとユーザーの反応は厳しいでしょう。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事