トヨタ「新型86」Kouki(後期)のディティールを従来型と比較チェック!

05_MG_1691b
リアビューも精悍になりました。LED化されたテールランプが水平基調に配置されます。

06_MG_1610b
これは前期型86。スッキリしたリアで、これはこれで魅力的です……。

07_MG_1379b
新型は、バンパー下部の黒加飾部分が横に広げられ、「ハの字」が強調されています。

08 _MG_1319b
大胆な形状が採用されたニュー86のリアウィング。最上級の「GT Limited」に標準装備。

09_MG_1351b
トヨタ車中もっとも小径(362mm)の、真円ステアリングホイール。もちろん、握りやすさにも配慮されます。

10 _MG_1336b
スポーツカーらしく、タコメーターがセンターに置かれたメーターまわり。最高出力付近の7200回転がメーターの真上に。「GT Limited」「GT」には、4.2インチのマルチファンクションディスプレイが備わります。

フロントビューからリアビューまで、エアロダイナミクスを考慮した後期型86。レースフィールドで揉まれ、鍛え直された「走りの味」がいかなるものか、楽しみですね!

(文と写真:ダン・アオキ)

この記事の著者

ダン・アオキ

ダン・アオキ 近影
15年ほど勤めた出版社でリストラに遭い、2010年から強制的にフリーランスに。自ら企画し編集もこなすフォトグラファーとして、女性誌『GOLD』、モノ雑誌『Best Gear』、カメラ誌『デジキャパ!』などに寄稿していましたが、いずれも休刊。諸行無常の響きあり。主に「女性とクルマ」をテーマにした写真を手がけ、『clicccar』では「注目モデルでドライブデート」の撮影をさせていただいております。感謝。