ブリヂストンがICTとAIを搭載したタイヤ成型システム「EXAMATION」を彦根工場に初導入

ブリヂストンは、独自のICT(情報通信技術)に加えて、新たに人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を同社グループの彦根工場に初めて導入したと発表しました。

2016052502_01

「EXAMATION(エクサメーション)」とは、Evolutional(革新的な)と Attractive(魅力的)、AutoMATION(自動化設備)に由来するブリヂストンの商標ということです。

同社は、今後このシステムを既存工場、新設工場などグローバルに展開していくことで、生産競争力の強化を図り、商品の高品質化を達成したいとしています。

この最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」の登場で、タイヤ製造の現場がAIの利用で自動化され、タイヤ製造もAIの時代に突入したことになります。

2016052502_02

「EXAMATION」の開発は、1990年代後半からICTや最先端技術を導入したタイヤ生産システムを研究・開発し、2002年には世界で初めて部材工程から製品検査工程までを全自動化した生産システム「BIRD」を開発したことからはじまります。

2016052502_03


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事