オペルの次世代サルーン、ニュルで高速テストを開始!

オペルのフラッグシップセダン「インシグニア」の次世代型が、ニュルブルクリンクでの高速テストを開始しました。

SB1_6680

次世代型は新モジュラープラットフォーム「D2XX」を採用し、ボディを大型化しつつ大幅な減量に成功。2013年公開された「モンツァ コンセプト」のデザインを継承するとも伝えられています。

SB1_6690

流れるようなルーフラインやシャープなヘッドライトは「モンツァ」を彷彿させるデザインで、プレミアム感も十分あるようです。

ワールドプレミアは2017年9月が有力です。

(APOLLO)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事