ホンダ、中国でコンパクトSUV「CDX」や「NSX」を披露

ホンダが北京モーターショーで披露した「Acura(アキュラ)」ブランドのCDXは、中国市場をメインターゲットに据えたコンパクトなSUV。

「アキュラ」のデザインテーマである「Acura Precision Concept」をコアとしたエモーショナルでシャープなスタイリングや走行性能、環境性能といった革新的技術、そしてSUVの高いユーティリティーを高次元で融合させたといいますから、かなりの意欲作といえそうです。

4160425c_004H

パワートレインには、中国向けの「アキュラ」モデル初となる1.5Lターボエンジンと8速DCTの組み合わせになっていて、力強い走りを実現しているそうです。

4160425c_007H

CDXは、広汽本田汽車の増城工場(広州市)で生産され、2015年12月に新たに設立された広汽本田汽車販売が販売を行い、2016年7月の発売予定となっています。

4160425c_011H

ほかにも、中国で2016年秋に発売が予定されている新型NSXも登場。軽量ボディに新開発の縦置き直噴V6ツインターボエンジンをミッドシップにレイアウトし、走行性能と燃費の両立が自慢の3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載されています。

4160425c_009Hホンダの八郷隆弘社長は北京モーターショー、そして中国のアキュラブランドに対して「中国Acuraとして10年目という節目の年にあたる2016年は、現地生産のスタートなど、ブランド・商品において新たな挑戦の年となります。今後の Acuraデザインの方向性となる『Acura Precision Concept』を核とし、ブランドの進化を図るとともに、現地化をさらに加速させ、お客様の期待を超える商品をお届けいたします」とコメント。

中国での「アキュラ」は苦戦が伝えられていますが、現地生産などによりどれだけ巻き返せるか注目です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■ホンダ&アキュラが新型SUVの2台を北京モーターショーで披露
https://clicccar.com/2016/04/12/365239/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。