1948年生まれのランドローバー・シリーズ1を25台レストアして販売!

28回目を迎えたヒストリックカーのイベント「テクノ クラシカ エッセン」が今年も開催され、ランドローバーからは(Series I/シリーズⅠ)が出展されました。

LR_Reborn_01

シリーズⅠは1948年に初披露され、民生用だけでなく軍用としても活躍。今回レストアされたシリーズⅠはなんと25台。

LR_Reborn_02

これらの車輌は博物館にズラリと展示されるのではなく、「Rebornイニシアチブ」を掲げ、ランドローバー・クラシックから直接購入できるというから驚きです。買えるんですね!

LR_Reborn_03

どうやって25台かき集めたのか気になりますが、ランドローバー・クラシックの専門チームが長年の経験を活かし、ランドローバーのグローバル・ネットワークから25台分のシリーズ1のシャーシを確認し、1948年当時の製造されていた仕様に沿って完全にレストア。

正真正銘のランドローバー車であることを保持するために、ランドローバー・クラシックのパーツのみが採用されているそうです。

LR_Reborn_06

さらに、「ライトグリーン」、「ブロンズグリーン」、「RAFブルー」、「ドーブグレイ」、「ポピーレッド」という生産当時の5色から選択が可能というこだわりよう。

また、英国ソリハル工場にある初代ディフェンダーの製造センターに、ランドローバーの新しいクラシック・ワークショップが設けられ、この希少なシリーズⅠのレストア工程を最初から最後まで見学できるそうです。

LR_Reborn_04

イギリス、そしてランドローバーのクルマ文化の奥深さを感じさせるシリーズⅠのレストア、そして販売。

日本でもこうした販売がされれば話題を集めそうですが、旧い車ほど税金が高くなる現状では、根付きそうにはないでしょうか…

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。