アウディ新型A4セダンのメカニズムに518万円~の価格を納得

2016年2月16日より日本国内で発売される、アウディの新型A4。

プレミアムミッドサイズセダンというキャラクター、フロントにエンジンを縦置きとしたFWDを基本に、クワトロ(四輪駆動)も用意するラインナップといった点でも、従来からのA4らしさを受け継いでいるブランニューモデルです。

New-Audi-A4_004

そのパワートレインは、2.0リッター4気筒ガソリン直噴ターボと7速Sトロニックの組み合わせで、FWDの最高出力は190PS、クワトロは252PSと、駆動方式によって仕様が異なります。

「ライトサイジングエンジン」コンセプトに基づく新開発の2.0リッターターボは、過給エンジンながら11.8という高圧縮比を実現した、高膨張比サイクルとなっているのが特徴。

吸気バルブを早閉じすることでインテークマニホールド内の圧力を高め、吸気ロスを減らすだけでなく、圧縮されるガス量を減らす(1.4リッターエンジンと同レベル)ことで、ダブル効果で熱効率を上げるのです。

FWD車は140kW、320Nmというスペックながら、JC08モード燃費で18.4km/Lと、車格からすると優れた数値を実現しています。

こうした環境性能には、空力性能などボディの進化も大いに寄与しています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事