【東京オートサロン2016】純正アクセサリーを装着したTTクーペとA3セダンを展示

年明け早々にQ7を発表したアウディは、東京オートサロンに昨年販売を開始しTTクーペとA3セダン、そしてR8のレーシングカーを展示しています。TTクーペとA3セダンは純正のアクセサリーパーツを装着することで、エレガントさと存在感を高めています。

PHOTO_022

アウディTTはフロントグリルをはじめ、ライセンスプレートホルダー、フロントスポイラー、サイドグリル、サイドスポイラー、リアスポイラー、リアサイドエプロン、リアディフューザーなどすべてピアノブラックペイントを施すことで、TTのボディをよりエッジの立ったスタイルに変貌させています。ホイールは20インチにインチアップすることで、よりロー&ワイドのフォルムを強調しています。

PHOTO_023 PHOTO_024

アウディA3セダンはフロント、サイド、リアにピアノブラックペイントされたエアロパーツを装着。ブレーキキャリーパーもブラックにペイントされるとともに18インチアルミホイールを装着することで、トップモデルS3に匹敵する存在感を演出しています。

PHOTO_068 PHOTO_020

派手なクルマが多く出展されるオートサロンにおいては、若干地味な雰囲気もありますが、見れば見るほどベース車とのフィット感の高さと派手すぎずしかしベース車との違いを感じさせるさりげない演出は純正ならではの味わいと言えるのではないでしょうか。

(萩原文博)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事