内・外装のハイクオリティも印象的なダイハツ・キャスト

2000年前後以降のダイハツは、コンパクトカーに追いつかんとする質感の向上で驚いたことがありますが、2006年発売の4代目ダイハツ・ムーヴなども好例で、新型車に乗る度に着実にクオリティをアップしているのを感じたことがあります。

DAIHATSU_CAST_01

最大のライバルであるスズキは、2000年代はムーヴとワゴンRを比べてみると、内装の印象はムーヴが上で、ワゴンRが追いかけるという印象でしたが、最近はハスラーのようにカラーデザインを含めて万人受けするモデルをリリース。ここ数年はスズキがかなり巻き返している印象でした。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事