MINIの次世代クロスオーバーは、車高低くワイドなボディに変わる!

MINIのラインナップでも絶大な人気を誇る「クロスオーバー」(海外名 カントリーマン)を捕捉しました。

Spy-Photo

現行モデルと比べると車高が低く設定され、車幅はワイドになっているようです。細部を見ると、フロントグリルを始め、バンパーやエアインテークもリデザインされています。

プラットフォームは「UKL2」を採用し、パワーユニットは1.5リットル直3と2リットル直4さらにはMINI初のハイブリッドモデルがラインナップ予定で、2017年に公開予定です。

(APOLLO)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事