「空飛ぶレンガ」再び? 2016年からボルボがWTCCに複数年参戦を宣言

1980年代に、ETC(欧州ツーリングカー選手権)などで速さを見せた無骨な姿のボルボ240ターボは、そのカタチとは裏腹の速さを「空飛ぶレンガ」と形容されたこともありました。

そのボルボが、ツーリングカー選手権に帰ってきます。

Polestar Cyan Racing announces multi-year FIA WTCC programme

現在、シトロエンやホンダがワークス参戦しているWTCC(世界ツーリングカー選手権)に、2016年からボルボはS60のレースカーにてチャレンジを本格的に始めることが発表されました。

過去にはC30のレースカーにてWTCC日本ラウンドを走ったこともあるボルボですが、今回の復帰においては複数年計画といいますから、しっかりと結果が期待できるといえそう。

なお、レース仕様に新開発されるエンジンも、「Drive-E」と呼ばれる市販車のテクノロジーが投入されたもので、最高出力は400馬力を発生するということです。

なにより、S60のシルエットを持つレースカーは、かつての「空飛ぶレンガ」とは異なり、スタイリッシュに仕上がっているのが印象的です。

(山本晋也)

【関連記事】

30年前に欧州ツーリングカーレースを制した「空飛ぶレンガ」とは?
https://clicccar.com/2015/10/13/332445/


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事