12年ぶりに登場した2代目トヨタ「シエンタ」が販売好調!

トヨタ自動車が約12年ぶりにフルモデルチェンジした新型「シエンタ」が、発売から1ヵ月時点で約49,000台受注するなど、かなり好調な滑り出しとなっています。

自販連(日本自動車販売協会連合会)の発表でも7月の新車販売(軽除く)で9位のマツダ デミオ(6,706台)を抑えて「シエンタ」が8位に浮上(7,377台)。

TOYOTA_SIENTA

翌8月度には首位のトヨタ アクア(12,390台)とカローラ(7,715台)の間に割り込む形で一気に2位(7,736台)に踊り出ました。 

同車はコンパクトなボディに3列シートを備え、7人乗車を可能にした新種のミニバンとして2003年9月に137万円-184万円(4WD)の価格帯でデビュー。

2006年5月のマイナーチェンジを機に生産工場をそれまでのトヨタの高岡工場からダイハツ京都工場に移し、4年後の2010年8月に一旦販売を終了。

 

ビッグ・マイナーチェンジで翌年2011年6月に復活を果たし、2015年7月9日に今回の2代目に移行しました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事