シャア専用オーリスⅡコンセプトモデルを池田秀一氏と精鋭たちがテストドライブ

9月6日、メガウェブでシャア専用オーリスⅡコンセプトモデルのテストドライブが行われ、全国から志願した900名以上から選ばれた精鋭が参加しました。C15Q2185

朝、アレッサンドロ・ナニーニ・カフェに集合した精鋭たちを、テストドライブのナビゲーターを務めるシャア芸人のぬまっちさんが出迎えて、スケジュールを説明。

C15Q2116

そしてテストドライブまでの間、アレッサンドロ・ナニーニ・カフェで提供されたウェルカムフードを食べながら、参加者たちは談笑して待機。なかには遠く沖縄県から参加した精鋭もいたようです。

IMG_6861

テストドライブに用意されたオーリスは2台。

IMG_6858

1台はシャア専用オーリスⅡコンセプトモデル。テストドライブモデルを意識して、ボンネットとルーフをブラック塗装として、ボンネット上にはジオニックトヨタのエンブレムを大きく配しています。

C15Q2123

また19インチホイールとオーバーフェンダーが迫力を高めている印象ですね。

リヤビューではアルミ削り出しの4本出しスラスターに目が引かれます。C15Q2130

これもシャア専用ザクのイメージを強調したもの。もちろんツノ付です。

内装はよりコクピット感を強調したものとなりました。IMG_6914

シートもシャア専用に開発されています。これは初代シャア専用オーリスオーナーからの要望に応えたものです。

IMG_6911

赤いアクセントカラーやジオニックトヨタのエンブレム、ロゴが装飾されています。

この記事の著者

ぬまっち(松沼 猛)

ぬまっち(松沼 猛) 近影
1968年生まれ1993~2013年まで三栄書房に在籍し、自動車誌、二輪誌、モータースポーツ誌、鉄道誌に関わる。2013年に独立。現在は編集プロダクション、ATCの代表取締役。子ども向け鉄道誌鉄おも!の編集長を務める傍ら、自動車誌、バイク誌、鉄道誌、WEB媒体に寄稿している。過去に編集長を務めた雑誌はレーシングオン、WRCプラス、No.1カーガイド、鉄道のテクノロジー、レイル・マガジン。4駆ターボをこよなく愛し、ランエボII、ランエボVを乗り継いで、現在はBL5レガシィB4 GTスペックB(走行18万km!)で各地に出没しています。