フォルクスワーゲン新型パサート登場。324万円の価格と充実の安全装備は国産とも競合

フォルクスワーゲンのミドル級セダン&ステーションワゴン「パサート&パサート・ヴァリアント」がフルモデルチェンジです。

1.4リッターのダウンサイジングターボエンジンに、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の代名詞ともいえるDSGを組み合わせたフォルクスワーゲンの主力モデルは、ついに8世代目となりました。

20150625VWpassat_159

すでに事前予約が始まっていましたが、正式発表にあわせて、スポーティな最上級グレードとなる「R-Line」の設定も発表されています。

全グレード、気筒休止システムを採用した150馬力の1.4リッターターボに7速DSGの前輪駆動となり、JC08モード燃費は20.4km/Lと、このクラスの輸入車としてはトップの性能を誇っています。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。