【実験】タイヤを換えるとクルマがどれほど変わるのか?

どんなクルマでも最終的に力をタイヤが路面に伝えているのはご存知の通り。走る力も曲がる力も止まる力も、です。

P01

で、今回はレブスピード誌でやってる、それがどれだけ影響するかの実験を紹介します。

P03

レブスピードが企画した「チューナー試乗会」で、サーキット走行におけるタイヤのインプレッションと同時に、タイムを計測する企画をやっています。

実験に供されたのはブリヂストンPOTENZA RE-71R。グリップ力が高く、「サーキット走行でラップタイムを縮めるためのタイヤ」として登場したBSのスポーツタイヤ、POTENZAの最高峰。こちらを富士スピードウェイで、複数のサーキット走行車両作りが得意な会社、ショップさんに試してもらう企画です。

しかし、それだけではありません。こちらの動画は各社のドライバーやプロレーサーがサーキットで試した印象を語っています。ご覧ください。

 

なんだかすごいでしょ。絶賛ばかりです。(個人の感想です)とかの言い訳テロップが書かれてないんで、きっと本当の事なんでしょう!?

さらに、トヨタ86でラジアルタイヤ(レース専用でない一般道を走れるタイヤ)でのコースレコードを、RE-71Rを使用して更新し、1分51秒179をマークしています。

ブリヂストンPOTENZA RE-71Rは、サーキットを安心して速く走りたい人には、かなりオススメのタイヤだと言えるようです。

もっと詳しい情報や、「ホンマかいな?」ってかたは、レブスピード6月号をご覧ください。DVD付きで980円です。

RevSpeed1506

(clicccar編集長 小林和久)