キャデラックCTSプレミアムの意外な走りの味わいとは?

前後重量配分「52:48」のAWDセダン、キャデラックCTSは、大排気量のV8やV6エンジンではなく、2.0Lの直列4気筒DOHCターボを搭載しています。

なお、試乗車は冬の軽井沢ということで、ミシュランのスタッドレスタイヤ「X-ICE」を装着(245/40R18)。 

CADILLAC_62

全長は5mに迫る4970mmで、ロングノーズ&ローフォルムが目を惹くディメンションですが、巨体の割に軽快なフットワークを披露してくれます。