トヨタが営業利益を2.7兆円に上方修正 収益性でVWを圧倒!

トヨタ自動車が4日に発表した2015年3月期連結業績予想によると、営業利益が前期比で17.8%増となる2.7兆円に達する見通しと言います。

TOYOTA

今回、第2四半期時点での予想に対して営業利益を2,000億円上積み(+8%)すると共に、純利益も1,300億円上積み(+6.5%)するなど上方修正。

TOYOTA_2014

円安がさらに進んで輸出採算が向上(+2,150億円)した事や、おりからの原油安に伴い、米国で大型ピックアップトラックの販売が増加、加えて2,000億円にのぼる原価改善努力などが奏功した形となっています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。