一輪挿しを標準装備、ザ・ビートルの特別限定車は価格285万円

フォルクスワーゲンの伝統を伝えるモデル「ザ・ビートル」に特別限定車の登場です。

1.2リッターターボエンジンを搭載するThe Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」をベースにした特別限定車の名前は「The Beetle Blossom(ザ・ビートル・ブロッサム)」。女性ドライバーを意識した装備を充実させているのが特徴です。

The-Beetle-Blossom8372

 

内外装は車名(Blossom=草花が開花する)に合わせて、温かい日差しを浴びて生き生きと咲く草花のイメージで、ボディとインテリアをカラーコーディネートしています。

インテリアでは、初代ビートルから印象的なアイテムとして知られ、前モデルの「New Beetle(ニュービートル)」でも人気を博したフラワーベース(一輪挿し)がダッシュパネルに装備されています。まさに、“ビートル カルチャー”を象徴する特別限定車というわけです。

また、冷え性の体を背中から温めてくれるシートヒーターや、障害物を知らせ、ミスを防いでくれるパークディスタンスコントロール(前後)も備えているのも、女性ドライバーを意識したものだといいます。

The Beetle Blossom8379 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。