ダイハツが新ジャンルの軽SUV発売を11月と予告!

スズキが発売したワゴンタイプのSUV「ハスラー」が人気を博す中、ダイハツが東京モーターショー2013に出展して話題を呼んだコンセプトモデル「DECA DECA(デカデカ)」をベースにした新型車を11月にリリースすると発表しました。

DAIHATSU
(出展 ダイハツ)

同車は日常用途はもちろん、レジャー用途など多用途に使える新ジャンルの軽自動車。

全高が1,835mmのスーパーハイトワゴンで、パッケージアレンジにより軽最大の室内空間や室内高(1,455mm)を確保、目線の高さを1,387mmとして運転のし易さを追求しています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。