【BMW X3 M40d試乗】ジェントルかつパワフル。スポーティさが気持ちいいSUV

●スポーティだけじゃない、乗り心地も秀逸なBMW・X3 M40d

BMWの主力SUVとなるX3に用意されたハイパワーモデル「X3 M40d」は、3リットルのディーゼルを搭載したモデルでした。ちなみに同社では、SUVをSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼んでいます。

かつてディーゼルエンジンは商用車やバス用のパワーユニットとして認知されていましたが、欧州では二酸化炭素排出量が少ないなどの理由でディーゼルエンジンモデルが乗用車にも大きく拡大。ル・マン24時間レースでのディーゼルエンジン車の優勝や、ツーリングカーレースへのディーゼルエンジン車の参戦と活躍などもあって、ディーゼルエンジンのスポーツ性が高まってきました。

X3 M40dに搭載されるエンジンは直列6気筒で、最高出力326馬力・最大トルク680Nmというハイスペックです。このエンジンに8速のATが組み合わされています。

ゆったり走っているとじつにジェントルなフィーリングを持っていますが、アクセルオンしたときの怒濤の加速はドライバーをビックリさせます。ゆっくり流して走っているところからアクセルをグッと踏めば、後ろから押し出されるような加速感を味わうことができます。

クーペやハッチバックのスポーツモデルは、高回転まで回ってくれるガソリンエンジンが似合いますが、SUVだと低回転からグッとトルクが盛り上がるディーゼルエンジンが似合うと私は思います。

そしてかなりいい乗り心地を持っていることにビックリしました。

BMWはMシリーズにはランフラットタイヤを使わないのが通常ですが、このX3 M40dはランフラットタイヤを採用していました。しかもサイズはフロントが245/40ZR21・リヤは275/35ZR21と、かなりエアボリュームが少ないタイプ。このタイヤを履きながら、キッチリ乗り心地を出しているところはなかなかです。

スムーズなハンドリングでコーナリングもよく、気持ちよく走ることができました。普段の走りはかなりジェントルでありながら、踏んだらグバッといくところが快感な1台です。

(文/諸星陽一・写真/宇並哲也)

『BMW』の最新記事
「世界で最も黒い」というBMW X6。実車はどのくらい黒いのか?【フランクフルトモーターショー2019】
BMW i8クーペ/ロードスターに世界限定200台の「Ultimate Sophist Edition」を設定【新車】
BMW M5の35周年を記念するモデルは日本限定10台。「BMW M5 35 Jahre Edition」が21,600,000円で登場
コンチネンタル・プレミアム・コンタクト・シックス
新型BMW X7の新車装着タイヤにコンチネンタルタイヤの「PremiumContact 6」が選定
【外車入門】BMW G310Rは普段使いもできる?お手頃中免外車を街で乗り回して検証!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事