BMW版「メガウェブ」!? 「BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)」設立へ

BMW、MINI、BMWのモータサイクル、全車種(約50台)を常時展示するだけでなく、約100台の試乗車を用意するという「BMWグループ・モビリティ・センター(仮称)」の計画が発表されました。

BMW_03

場所は東京都臨海副都心の青海K区画(住所: 江東区青海二丁目79番12)で、2015年11月までをめどに設立するのとのこと。

まるで、東京テレポート駅の近くにあるトヨタの「メガウェブ」のような施設ですが、BMW、MINIおよびBMW Motorrad(モーターサイクル)の最新モデルを合計約50台規模で展示するだけでなく、約100台の試乗車やレンタカーなどを取り揃え、BMWおよびMINIのブランドを身近に体験することが可能と、同ブランドの裾野を広げる役割を担うようです。

BMW_02さらに、最大500名規模の収容が可能なホールや多目的スペースでは各種イベントの開催、安全運転やエコ・ドライブにも焦点を当てたドライビング・トレーニング「BMW Driving Experience」の開催も可能。

カフェなども併設されるそうですから、仲間や家族などとお台場に遊びに出かけた際にふらりと立ち寄れるスポットになりそうです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。