VW「ゴルフR 400」が市販される?

2014年の北京モーターショーで突如公開された「ゴルフR 400 コンセプト」。 

VW2

VWは当初、「コンセプトカーとしての出展で生産計画は無い」としていましたが、海外メディアによると、その後のVW研究開発責任者 Heinz Jakob Neusse(ハインツ・ヤコブ・ノイサー)氏へのインタビューで生産が確認されたとしています。

同車はゴルフシリーズのフラッグシップモデル「ゴルフ R」をベースに、ポロ WRCのチューン技法を用いて伝説的なラリーカー「ゴルフ G60」を現代流にアレンジしたコンセプトカー。 

2.0L 4気筒ターボエンジンを搭載する4輪駆動のホットハッチで、最高出力は400ps/7200rpm、最大トルクが45.9kgm/2400-6000rpm。 

Golf_R_concept

そのパフォーマンスは6速DSGトランスミッション、4駆システムの「4MOTION」を介して0-100km/h加速が僅か3.9秒(ゴルフR‐1.0s)、最高速度は約280km/h。 

同氏によれば市販モデルはその上を行く最高出力400ps超えの可能性が有るとか。 

VW

軽量化で前後バンパーなど、多くのボディパーツにカーボンファイバーを採用。

ワイド化された前後フェンダー、専用のブレーキキャリパー、ローターを装備、大径19インチホイールには235/35 R19タイヤを装着。

Golf_R_concept

インテリアではステアリングホイールやシートにカーボンレザーを採用、アルカンターラ生地を使った専用のフロントバケットシートもスポーツ心をそそります。 

Golf_R_conceptGolf_R_concept

また、フロントマスクやフェンダーオーナメント、エンジンカバー、前後シート、ステアリングホイール、メーター、ブレーキキャリパーなどに追加されたイメージカラーのレモンイエローが特別なモデルであることを主張。

デュアル・ルーフスポイラーには横長のハイマウントストップランプを装備、左右各2本出しのマフラーは先代の「R」同様、中央2本出しに変更されています。

Golf_R_concept

現行の「ゴルフR」が発売された際、外観等でスポーティー度の演出がやや抑え気味に感じられた理由がこの「ゴルフR 400」の存在を意味していたのかもしれません。 

発売時期は未定ながら、+100ps以上の出力を得た同車の市販化が注目されます。 

〔関連記事〕
296馬力のVWゴルフRヴァリアント!
https://clicccar.com/2014/05/11/255289/ 

リッター200馬力の衝撃!「ゴルフR 400コンセプト」登場
https://clicccar.com/2014/04/23/253209/ 

カー・オブ・ザ・イヤーのVWゴルフ7に「R」登場!
https://clicccar.com/2013/11/25/238389/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/2014/05/17/256066/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事