メルセデスベンツが世界中で販売好調! 日本でも前年比50%増!

ダイムラーの発表によると、3月度の世界販売台数は16.8万台(前年同月比+11.7%)と13カ月連続で前年実績を更新しており、第1四半期(1-3月)で39.8万台(同+13.5%)を販売。

全ての地域でプラス成長となる中、とりわけ日本の販売成長率には目を見張るものがあり、3カ月累計で1.8万台(+50.3%)という大きな伸びを示しています。

Mercedes_Benz_E_class_Coupe

 うち、メルセデスベンツは3月に世界で15.8万台(+13.3%)を販売、第1四半期の販売台数は37.4万台(+15.2%)とダイムラーの業績を牽引。

Benz_2014_03
(出展 ダイムラー)

地域別の3月度販売台数は新車市場が回復傾向の欧州が7.6万台(+7.6%)で、お膝元のドイツでは2.5万台(+1.0%)。 

北米市場は3.1万台(+9.0%)で、米国が2.7万台(+11.2%)と伸びています。 

アジア市場は4.6万台(+30.9%)と前年比で大幅な伸びを示しており、中国(香港含む)が2.5万台(+34.0%)、日本が0.9万台(+39.5%)を占めています。 

Mercedes_Benz_C_class

一方、車種別では新型「Cクラス」と小型SUVの「GLA」の販売が寄与。新型Cクラスの発売直後には欧州のデイーラーに50万人以上が訪れ、2万人以上が試乗したとか。 

またプラットフォームを共用する「A」、「B」、「CLA」、「GLA」クラスは3月にシリーズ合計で4.3万台を販売。

Mercedes_Benz_A_class

前年比で+26.4%もの伸びを示しており、 SUVの「GLA」は欧州で新たな顧客を獲得していると言います。 

Mercedes_Benz_GLA_classMercedes_Benz_GLA_class

新型Sクラスも米国や中国で高い支持を得ており、第1四半期に2.4万台を販売。

Mercedes_Benz_S_classMercedes_Benz_S_class

Eクラスのセダンとエステートは第1四半期に世界中で6.2万台(+38%)を販売。クーペとコンバーチブルも昨春の発売以降、2桁台の成長率を示していると言います。

Mercedes_Benz_E_class

このようにメルセデスベンツはラインナップ群を新型にスイッチしたことが奏功、今年に入って目を見張る成長率を実現しており、世界中でその存在感をいっそう高めつつあるようです。 

〔関連記事〕
メルセデスベンツ新型「Cクラス」用エンジンに秘められた潜在能力とは?
https://clicccar.com/2014/03/31/250580/

メルセデスベンツが「Aクラス」の好調で2013年の世界販売新記録!
https://clicccar.com/2014/01/22/244533/ 

メルセデス・ベンツがネット販売をスタート!
https://clicccar.com/2013/12/08/239708/ 

メルセデスベンツ「Aクラス」にSUVが仲間入り !
https://clicccar.com/2013/08/16/227926/ 

メルセデスベンツAクラス「A 180」がバーゲンプライスと思えるこれだけの理由
https://clicccar.com/2013/03/24/215900/ 

 (Avanti Yasunori)  

 【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=251715