アウディ『RS Q3』クラス最速SUV 3月18日発売開始!

Q3、Q5、そして現在新型の噂があるQ7とアウディのSUVである「Qシリーズ」。Q6の試作車もキャッチされていますが、今後はBMWに対抗すべく偶数車名の積極的な展開も十分にあり得るでしょう。

RSQ3_exterior_large今回、日本でデビューを果たしたアウディRS Q3は、当然ですが日本でジャストサイズのQ3のRS版。「大きくて速いSUVが欲しいけれど、駐車場や道路事情などで断念していた」という向きにアピールする打ってつけのハイパフォーマンスSUV。

エンジンは直列5気筒TFSIで、アウディTT RSやRS3スポーツバックと同様に横置きされ、310ps/420Nmのアウトプットをクワトロシステムが確実に路面に伝えます。また、燃費はJC08モード燃費で11.5km/Lを達成。トランスミッションは7速Sトロニックで、右ハンドルのみの設定です。

ボディサイズは全長4410×全幅1840×全高1595mm。エクステリアでは、マットアルミニウムのフレームとハニカムメッシュを組み合わせたシングルフレームグリルや大型エアインテーク、専用デザインのリヤスポイラーやバンパーまわりが標準のクリーンな印象のQ3とは打って変わってアグレッシブな雰囲気を演出。

RSQ3_interior_largeRSロゴが施されたスポーツシートやフラットボトム型ステアリングが目を惹くインテリアは、専用デザインのインパネが用意され、「MMI 3Gプラス」やBOSEサラウンドサウンドシステムなどを標準装備。

価格も698万円とコンパクトクラスを大きく超えたエクスクルーシブな値付けですが、パワーはクラスを超越していますし、今のところライバル不在の存在ですので、ニッチなマーケットではありますが注目を集めそうです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。