エコランもスポーツ走行も自由自在【ホンダ・ヴェゼル試乗記01】

フィットよりもひと回り大きなボディに、1.5Lの直噴DOHC i-VTECエンジン、22kW/160Nmを発揮する1モーターを組み合わせたことで、システム出力は最高で112kW(152ps)と、2.0LのNAエンジン並みを誇るヴェゼル(ハイブリッド)に試乗しました。

honda_vezel_02

ガソリンも用意されていますが、販売比率で86%を超えるハイブリッドへの期待と評価が高いのは、「燃費で元が取れる、取れない」は別にして時代の流れといえるでしょう。

honda_vezel_03

フィットハイブリッドは、システム合計で101kW(137ps)ですから200kgほどヴェゼルが重いぶん、街中で普通に流している分には大きなアドバンテージは感じさせません。

honda_vezel_04honda_vezel_05

ただし、「ECON」スイッチオンでも街中ならパワー不足を感じるシーンはほとんどなく、高速道路でもオンのまま流れに乗れますし、勾配時や追い越し時にオフにすればまさに必要十分。高速道路での余裕は、フィットHVよりもやや上に感じます。

さらに、「SPORT」モードに切り替えるとメーターがレッドになり、エンジンレスポンスも回転数も高くなりますが、日常的なシーンでは必要性は感じさせないほど。

「SPORT」モードにすると、アイドリングストップがオフになることもあり、燃費を気にするのであれば勇気がいりますが、それでも急勾配の高速道路やワインディングでかっ飛ばしたい際はスイッチオンでスポーティカーのようにまさに変貌するのは、1モーターとはいえハイブリッドのもうひとつの恩恵。

トランスミッションはフィットハイブリッドに続くモーター内蔵型の7速DCTで、止まるか止まらないかの極低速時で多少ギクシャクしますが、目くじらを立てるほどではありません。

honda_vezel_06

さらに、ハイブリッドには高速道路や山道などで重宝するパドルシフトが備わりますから、指先でマニュアル感覚の操作が可能。

今回は高速道路を約7割、一般道約3割の339kmを走行し、燃費は約17.9km/L。とくにエコランに徹するわけでもなく、逆に飛ばすこともほとんどなく、流れに乗る走りでしたが、かなり良好な数値いえるでしょう。

(塚田勝弘)