毎年恒例! 自動車メーカー3社トップのメッセージ交換が話題に【東京オートサロン2014】

ホンダがブース裏手に用意する巨大なメッセージボードは、いまや 東京オートサロン名物のひとつになっています。

そして、そのメッセージボードに2011年の東京オートサロンではトヨタ自動車の豊田章男社長が『お互いにもっといい車をつくりましょう モリゾー参上』とメッセージを書き込む瞬間をクリッカーではスクープしていますが、それ以来トヨタとホンダのトップがメッセージでコミュニケーションを続けています。

2012年は豊田章男社長が『お互いにもっといい車をつくりましょう 豊田章男』とメッセージは同じながらモリゾーというレーサー名から本人名義となり、ホンダの伊東孝紳社長は『HONDAのクルマをもっと おもしろくするゾ!!』とイラスト付きで書いていました。

2013年は『いっしょにいい車をつくりましょう HONDA 伊東社長へ』と豊田社長からのメッセージは強まりました。残念ながら伊東社長はオートサロンに足を運べなかったようで、峯川取締役が代理で『「面白いからやる」 この気持でホンダの車を面白くして行きます!』とアンサーメッセージを残していました。

そして2014年の東京オートサロン。はたしてホンダのボードにどんなメッセージが残されているのかと見に行くと、なんとなんと、メッセージの文字が大きく力強くなり、そして日産も加わっています。

 honda_messege

ホンダのキャッチコピーをもじり『HONDAなんかに負けるもんか(笑) Morizo参上 豊田章男』と書かれた横には日産の志賀俊之副会長が『クルマ大好き NIPPONの為に! お互い頑張りましょう!』とエールを送っています。その2つのメッセージを受け止めたイラストに『おもしろいクルマは俺にまかせろ!!』をメッセージをつけているのが伊東社長。

2014年の東京オートサロンは国内乗用車メーカー8社に加え、インポーターも増えたことも話題となりましたが、こうしたユーザーの目に見えるトップ交流もまた、オートサロンの風物詩になっていくのかもしれません。 

GAZOO_Racing

■関連記事
【東京オートサロン】ついに、モリゾー参上  トヨタ・豊田章男社長の「ホンダに一言!!」極秘メッセージを大公開
https://clicccar.com/2011/01/15/3815/

ホンダブースで発見「激アツ!! コメント&イラスト集」【東京オートサロン2012】
https://clicccar.com/2012/01/20/104656/

来場者数28万人で記録更新! 国内のクルマ好き増加を確認し、次はタイ/シンガポールへ【東京オートサロン2013】
https://clicccar.com/2013/01/15/210746/

 

(山本晋也)