交通事故死亡者ゼロを目指すボルボの次なる手とは?

安全を社是とするボルボは、2020年までに新しいボルボ車による交通事故死亡者や重傷者をゼロにする「ビジョン2020」を掲げています。2014年に登場するボルボXC90の新車体構造「SPA」は、すでに新たな特許を取得した「SPAセーフティ・パッケージ」を採用。

VOLVO_SPA_01

従来のXC90と比べて熱間成形ボロン鋼を7%から40%以上に拡大することで、車両重量を増加させることなく強度を向上させ、燃費にも貢献するのは間違いありません。

VOLVO_SPA_02

強度を増しているだけでなく、新しい電気系統を使って知能化を進めているのも注目で、新しい電気系統のアーキテクチャーにより、マイクロプロセッサー、センサーやカメラなど新しい技術革新を容易に追加できます。

VOLVO_SPA_03

具体的には、カメラやレーダー、センサー技術により車体周辺のより多くの物体を検知でき、高速域や交差点などで衝突回避などが可能になります。新機能には歩行者はもちろん、スウェーデンらしく大型動物も検知して自動ブレーキを作動させる機能も含まれているとのことです。

VOLVO_SPA_04

また、自動運転につながる技術として、車線逸脱を防ぐステアアシスト付のアダプティブ・クルーズコントロールを搭載、自動的に前方車両の列を追走するシステムも導入。

VOLVO_SPA_05

車車間通信も搭載され、従来のカメラ、レーダーやセンサーを超える情報の取得が可能で、タイヤや路面の状態から、渋滞を回避するための情報や迂回路の提示、青信号の連続走行、空いている駐車スペースの検索などに対応します。

(塚田勝弘)