北米の86、サイオンFR-Sには直6を積んだり、ターボをつけたり【SEMAショー2013】

ラスベガスで開催されていたSEMAショーにて、サイオンFR-S(日本名:トヨタ 86)のチューニング仕様がサイオンブースにて注目を集めていました。

一台はエンジンを2JZ(直列6気筒エンジン)にスワップしたドリフト仕様の「2014グレッディ×サイオンレーシングFR-S」、もう一台がプレイステーションのソフト『グランツーリスモ』でも知られる日本のチューナー、アミューズのターボキットを使ったといった「バレットプルーフ FR-S コンセプトワン」です。

2014GREDDY_ScionRacingFRS_005

2014GREDDY_ScionRacingFRS_002

アメリカのドリフトシーンでは超有名ドライバーであるケン・グシ選手がドライブするというドリフトマシンのエンジンは、2JZ-GTEにグレッディターボチューンを施して750馬力までパワーアップされています。ドリフト用にタフな4速MTとしているのはチューニングカーというより、レーシングカーといった雰囲気になっています。

 

 

Bulletproof_FRSConceptOne_005

Bulletproof_FRSConceptOne_003

バレットプルーフFR-Sコンセプトワンは、レクサスLFAの弟分的なイメージで、ドライバーオリエンテッドな軽量スーパーカーを目指しています。アミューズのターボキットによりエンジンパワーを引き上げているだけでなく、オリジナルランデュースのサスペンション、クスコの補強パーツ、レイズのホイール、バリスのボディパーツなどJAPANリスペクトの内容となっています。

 

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也 近影

山本晋也

日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビ・・・