まるでカセットコンロのガスのような燃料電池でFCVが手頃な価格に!?

トヨタ自動車のFCV(燃料電池車)開発が2015年発売に向けて大詰めに入っており、量産を目前に開発フェーズは生産技術でのコストダウンに移っているようです。

TOYOTA_FCV_R

産経新聞によると、同社は2020年代前半に数万台/年規模の販売を目指しており、市販価格を300~400万円レベルまで下げる考えとしています。 

10月8日にはメディア向けに東京・晴海で「先進技術説明会」を開催、ボディ全体をマスキングしたFCVセダンの試作車を初公開。

TOYOTA_FCV

トヨタによると、走行性能ではHVと遜色がなく、発進時の加速感はガソリン車よりも優れており、説明会前日には愛知県豊田市のトヨタ本社から晴海までの322kmを走破。その際の水素燃料残量値からは650kmの走行が可能だったと言います。 

TOYOTA_FCV_R

ただ、コスト面では水素燃料用高圧タンクを4本から2本に半減したり、水素/酸素反応触媒への白金使用量を低減する等、工夫してはいるものの量産開始時点では噂される500万円以下には収まっておらず、2015年発売当初は800~900万円となる模様。

その後、大量生産が始まる2020年の本格普及期には300~400万円レベルに収める目標のようで、2015年を目処にFCVシステムをBMWに供給、2020年までにFCVの普及率を拡大する考えのようです。 

同様に日産はダイムラー&フォードと、ホンダはGMとの共同開発を表明しており、世界レベルでは「HYUNDAI」と「VW」が単独開発を固持している状態。 

HONDA_FCX_CLARITY

コストダウンには量産効果が欠かせないという訳です。 

そうした中、千葉・幕張メッセで開催された「CEATEC 2013」では半導体メーカーのROHM(ローム)とベンチャー企業のアクアフェアリーが京都大学と産学共同で開発した「固体水素源型 燃料電池システム」を出展。 

固体水素源」による画期的な発電技術で、災害時の非常用電源、停電時のバックアップ電源、アウトドアレジャー用電源としても期待されています。 

FCVが大型で高価な水素ボンベを必要とするのに対して「固体水素源型 燃料電池」ではシステム自体を圧倒的にコンパクト化。 

TOYOTA_FCVTOYOTA_FCV

通常、高圧ボンベに貯蔵する水素を「固体水素源」では重量1/7以下、体積1/3以下に縮小が可能としています。 

ROHM
(出展 ROHM)

同社は今回の「CEATEC 2013」に於いて、樹脂でシート状に固形化させた「水素化カルシウム」の粉末に少量の水を加えて化学反応させ、水素を生成する技術を披露。 

体積3ccに満たない固形シートから5Whの電力を発生させ、スマホを満充電させるデモや同技術を応用した災害時の非常用電源の出展により、「コアテクノロジー部門」でグランプリを獲得。 

非常用電源に必要な水素源カートリッジはカセットコンロ・ボンベのような形状をしており、これ1本で一般的なLED照明(10W)を20時間使用可能とか。

ROHM

電池残量が気になるスマホの世界にも革命を起こそうとしています。 

こうした画期的な技術の応用が実現すればFCVはまだまだ低コスト化出来る可能性を秘めていると言えそうです。 

■ ROHM(ローム) Webサイト
   http://www.rohm.co.jp/web/japan/hydrogen 

■アクアフェアリー Webサイト
  http://www.rohm.co.jp/web/japan/hydrogen/system#aquafairy 

〔関連記事〕
・トヨタ 2015年に発売予定の燃料電池車を公開【動画】
 https://clicccar.com/2013/10/13/233066/ 

・トヨタ FCVの最新技術をフランクフルトでアピール!
 https://clicccar.com/2013/09/09/230189/ 

・FCVインフラ整備で「メイドインジャパン」の底力を !
 https://clicccar.com/2013/08/31/229160/ 

・水素の液体化で体積500分の1に! FCV(燃料電池車)に革命 !!
 https://clicccar.com/2013/08/19/228146/ 

・究極のエコカー「燃料電池車」の時代は実はすぐソコまで来ている !
 https://clicccar.com/2013/05/08/219216/ 

・トヨタとダイムラーが予定するFCVの壮大な普及計画が判明 !
 https://clicccar.com/2013/02/13/212741/ 

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=233194

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。