トヨタ FCVの最新技術をフランクフルトでアピール!

先日お伝えしたように、2015年のFCV(燃料電池車)市販に先立って水素ステーションの整備が着々と進む中、トヨタ自動車がドイツで9月10日に開幕するフランクフルトショーでFCVの技術プレゼンテーションを行うと発表しました。

 TOYOTA_FCV_R

今回のプレゼンテーションに使用されるのは同社のコンセプトカー「FCV-R」。東京モーターショー2011で初公開された4ドアセダンタイプのFCVコンセプト。 

ボディサイズは全長4745×全幅1790×全高1510mm W/B 2700mmで同社の「SAI」とほぼ同クラス。 

 TOYOTA_SAITOYOTA_FCV_R

フロントシート下に燃料電池システム、リヤシート下に水素タンクをレイアウト。大人4名が乗車できるキャビンと、荷物スペースを備えており、JC08モードで約700kmの走行が可能。

トヨタはこのモデルをベースに市販車を開発しており、日本、米国、欧州での発売を予定しているようです。 

 TOYOTA_FCV_RTOYOTA_FCV_R

今後のコストダウンにより、発売価格が500万円台に収まるかどうかが大いに注目されるところ。 

同社は以前より世界各地のモーターショーを中心にFCVのプレゼンテーションを開催しており、2年後の発売に向けた市場への理解活動に余念が無いようです。 

〔関連記事〕
・FCVインフラ整備で「メイドインジャパン」の底力を!
 https://clicccar.com/2013/08/31/229160/ 

・水素の液体化で体積500分の1に! FCV(燃料電池車)に革命!!
  https://clicccar.com/2013/08/19/228146/ 

・経産省がFCV(燃料電池車)の保安基準整備を1年前倒し!
 https://clicccar.com/2013/05/29/221416/ 

・究極のエコカー「燃料電池車」の時代は実はすぐソコまで来ている !
 https://clicccar.com/2013/05/08/219216/ 

・「本当の低公害車」を考える!地球に最も優しいシステムとは?
 https://clicccar.com/2013/04/01/216759/ 

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=230189

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。