ジャガー「XJ」最高峰サルーンの2014年モデル登場

アルミボディを推進する2大メーカーといえば、アウディとジャガー・ランドローバーでしょう。ジャガーは新しいアルミニウム製モノコック・アーキテクチャーを採用したSUVの「C-X17」フランクフルトモーターショーで披露しました。

2014_XJ_UK_EXT_STU_001

軽くて高剛性となれば材料置換の切り札として使いたいところですが、溶接が難しく、高価となれば高級車に限定されるのは仕方がないところ。

jaguar_14my_studio_image_05_180813jaguar_14my_studio_image_06_180813_LowRes

2014年モデルに移行したXJもジャガーのフラッグシップサルーンで、ロングホイールベースの「5.0 Supersport」は、イヤーモデルチェンジとしては異例のヘッドルームを13mm拡大。オプションの10.2インチ液晶スクリーン付リヤシート・エンターテイメントや電動リヤサイドブラインドを追加するなど、ショーファードリブンとしての機能を磨き上げています。

jaguar_14my_studio_image_04_180813 jaguar_14my_studio_image_2_180813_LowRes jaguar_14my_studio_image_03_180813_LowRes

さらに、後席のリクライニングと座面長調整機能が用意されていて、最大11度のリクライニングだけでなく座面は103mmも稼動し、シートを寝かせてもサブマリン現象を防ぐ配慮もされています。

フラッグシップサルーンといえども燃費対策も強化されており、2.0Lの直列4気筒ターボ搭載の「2.0 Luxury」にもアイドリングストップを追加。燃費は8%向上し(新欧州ドライビングサイクルベース)、JC08モード燃費は9.3km/Lから11.5km/Lに改善しているのも朗報です。

2014年モデルのパワートレーンは、上記の2.0Lのオールアルミ製直列4気筒、5.0LのV8からダウンサイジング、シリンダーレスとなったV6 3.0Lのスーパーチャージド、そして5.0LのV8スーパーチャージドは、510ps/625Nmという圧倒的な動力性能を誇ります。トランスミッションはすべて8速ATが組み合わされます。

なお、2014年モデルのXJには、軽い力でドアを閉めることができ、半ドアを防ぐジャガー初のソフトドアクローズ機能も用意。

価格は「2.0 Luxury」が900万円、「3.0 Premium Luxury」が1100万円、「3.0 Portfolio」が1300万円、「5.0 Supersport」は1835万円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。