日産がNY市とのタクシー独占契約で10月から主流に!

今秋10月から日産がNY(ニューヨーク)市の公式タクシーとして投入する「NV200」の生産が同社のメキシコ工場で始まった模様。 

NISSAN_NV200_Taxi

NY市の「タクシー&リムジン委員会(TLC)」が2011年に実施したタクシー開発プロジェクト「タクシー・オブ・トゥモロー」のコンペで同車の採用が決定し、日産はNY市と10年間に渡る独占契約(10億ドル規模)を締結。

NY市は今年から現行のFORD製タクシーを順次日産「NV200」に入替えていく模様。 

「NV200」は4人の乗客と手荷物を収容するゆったりとした室内や膝元スペースに加えて、NY市を眺められる広大なパノラマルーフ、乗客スペースで独立制御可能なエアコンや車内の脱臭器、携帯電話の充電ポート等を装備しており、それら機能性が2万3000人の投票者によるコンペで高く評価されたと言います。 

NISSAN_NV200_Taxi NISSAN_NV200_Taxi

安全面では乗客席の前面と側面にエアバッグを搭載、タクシーとしては初めて乗客専用のシート内蔵エアバッグを備えています。

現在のFORDのタクシー「クラウン・ビクトリア」の5km/L程度の燃費を遥かに上回る経済性も高得点をマークしたのもポイントだったとか。

 NISSAN_NV200_Taxi
(出展 日産自動車)

日産によると、当初は2.0Lのガソリン車として納入するものの、2017年にはプラットフォームをそのままにEV仕様としたモデルも納入する計画があるようです。 

車両価格はフル装備で1台約2万9000ドル(約288万円)。

 一方、日産は平行してNY市にEVタクシーの導入も提案しており、「タクシー&リムジン委員会(TLC)」に6台の日産リーフを無償で提供。 同委員会が4月から実際のタクシードライバーによる一年間の実証走行テストを実施中。 

マイケル・ブルームバーグNY市長によると、NY市は13,000台を超えるタクシーを抱えており、環境の観点から2020年までに全体の1/3をEVにしたいとしています。

NISSAN_NV200_Taxi

日本国内ではトヨタのタクシー専用車「クラウン コンフォート」が主流となっていますが、NYでは日産「NV200」のタクシーが今後の主流に。 

観光や仕事でNYを訪問した際も日本車のタクシーで移動出来るという訳です。 

〔関連記事〕
・トヨタ「コンフォート」がロンドンタクシー風に変身する !?
 https://clicccar.com/2013/07/16/225280/ 

・ガソリン+ガス+電気の3Wayハイブリッド「プリウスα」タクシー登場 !
 https://clicccar.com/2013/02/10/212315/ 

・消費増税に対応? タクシー「減車」の新法案!
 https://clicccar.com/2013/08/26/228810/ 

・「新」大阪駅ではEV&HVタクシー専用乗り場があるんです
 https://clicccar.com/2011/05/27/26805/

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=231058