トヨタ・カローラ累計4000万台達成、日米欧どのモデルがお好み?

1966年11月に誕生した、トヨタのポピュラーモデル「カローラ」が、46年9か月を経た2013年7月に、全世界での累計販売が4000万台に達したことが発表されています。

clr40_09

長年、国内でのセールスランキングでトップだったカローラ、いかにも日本特有のモデルという印象もありますが、1968年には北米市場へ輸出を開始。いまや世界150以上の国と地域で販売、日本を含む15の生産拠点により製造されているグローバルカーになっているのです。

さて、この4000万台という数字、カローラと名前のつくモデルすべての合計。国内でいえば、カローラアクシオ、カローラフィールダー、カローラルミオンという現行モデルに加えて、カローラセダン、カローラバン、カローラクーペ、カローラレビン、カローラハードトップ、カローラリフトバック、カローラワゴン、カローラFX、カローラセレス、カローラスパシオ、カローラランクスといったモデルが存在していましたが、はたして何台のカタチを覚えているでしょうか。

また、グローバル展開しているカローラだけに、仕向地・市場ごとに適したカタチへと進化しています。

日米欧の各市場向けでは、同じカローラという名前でもまったく異なるルックスになっています。カローラ累計4000万台を記念して、それぞれのカローラが、初代カローラと2ショットを撮っていますが、どの地域向けのカローラが初代の雰囲気に似ていると思いますか?

clr40_10

clr40_08

現在、カローラのチーフエンジニアを務める安井慎一さんは、「カローラは世界中のお客様に育てていただいたクルマ。今後もカローラDNAを進化させ、お客様に笑顔になっていただけるよう、クルマづくりに邁進します」と言っているように、姿カタチは違っていても、すべてのカローラが、『良品廉価』というDNAを受け継いだモデルということです。

 ■関連記事
アメリカのカローラは、超ノリノリの若者向けモデル!【海外CM】
https://clicccar.com/2013/09/08/230125/

トヨタ「カローラ欧州仕様」画像ギャラリー ─ 日本=ハイブリッド、北米=若者、欧州=6MT中心のラインナップ
https://clicccar.com/2013/07/19/225499/

(山本晋也)