マツダの小さな高級車「ベリーサ」に本革シートの特別仕様車

2004年のデビューから早9年、モデルライフが10年目に突入したマツダ「べリーサ」はまだまだ進化します。マイナーチェンジと特別仕様車の追加を行ないました。

まず、マイナーチェンジの内容は全車に「スーパーUVカット・フロントドアガラス」を標準装備としたこと。また、ボディカラーに2色の新色(メテオグレー、ジェットブラックマイカ)を追加しています。

versa_lethersel01

特別仕様車として用意されのは、本革シートを採用した「ベリーサ ミスティックレザーセレクション」です。

■ミスティックレザーセレクションの特別装備
高輝度塗装アルミホイール(15インチアルミホイール)
ディスチャージヘッドランプ
本革シート:専用色「ティンテッドグレー」(ホワイトのパイピング、イエローのダブルステッチ)
ドアトリム:専用色「ティンテッドグレー」

上級グレードの「L」(FF:1,686,300円)をベースに、ホワイトのパイピングとイエローのダブルステッチを施したティンテッドグレー色の本革シートと「高輝度塗装アルミホイール」を採用することで、もともとベリーサの持っている「小さな高級車」というコンセプトをさらに高めることを狙うと同時に、特別装備内容からするとお買い得な設定となっています。

versa_lethersel04

メーカー希望小売価格は1,560,300円~1,875,300円。特別仕様車のミスティックレザーセレクションはFFのみの設定で1,780,800円。特別仕様車のボディカラーは、専用カラーとなるブルーリフレックスマイカとジールレッドマイカの2色にラディアントエボニーマイカ、クリスタルホワイトパールマイカ (31,500円高)を加えた4色となっています。

(山本晋也)