HV投入攻勢で挽回なるか? 1-6月の新車販売が前年比8%減!

今年に入って景気回復が進み、5月22日に日経平均株価が15,000円台の最高値を付けたものの、翌23日から一転して下落に転じ、一時12,000円台まで下落しましたが、その後は13,000~14,000円で推移中。

ホンダ アコードHV

日経平均株価推移 (出展 Yahoo)

自動車株もトヨタ、ホンダ、日産、富士重などが5月22日に年初来の最高値をつけた後、翌23日から各社揃って下落しましたが、現在は再び上昇傾向に転じています。 

自販連(日本自動車販売協会連合会)の発表によると、2013年上期(1‐6月)の登録車販売台数は前年同期比11.6%減の164万台。 前年同期は補助金の効果でエコカー販売が伸びた為、今回その反動が出た模様。

登録車販売台数 (出展 日本自動車販売協会連合会)

この状況について自販連は登録車の税負担が依然高いこともあり、景気回復の恩恵がまだ新車販売にまで現れていないとしており、下期についても消費税増税の動向など不透明な要素が多く、現時点では予測し難いとの見解を示しているようです。 

一方、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の発表によると、上期の軽自動車販売は前年同期比1.8%減の107万台で、国内新車販売全体数のほぼ4割(39.5%)のシェアを占めています。 

軽自動車販売台数 (出展 全国軽自動車協会連合会)

ホンダが「Nシリーズ」のヒットで前年比+31.3%の21.2万台と躍進しており、軽自動車全体の販売を牽引。登録車、軽自動車合計では前年比8.0%減の271万台。 

このように軽自動車への依存度が高まる中、本年下期にはトヨタ「カローラ アクシオ」のHVやホンダ「フィット」、マツダ「アクセラ」など、登録車の主力車種がモデルチェンジを予定しており、HVモデルもラインナップされる予定。 

上級車では9月頃に日産から新型スカイラインHVが発売される模様。 

日産スカイライン HV

これらの新車投入効果により、下期に何処まで登録車の販売を挽回出来るかが鍵となる為、今後の動向が注目されます。 

〔関連記事〕
・国産セダン復権のカギは、今年後半も続々登場のハイブリッド車にあり!?
https://clicccar.com/2013/06/29/223910/

・自動車各社の株価が急騰!トヨタは昨年比2倍の6,000円台 !
https://clicccar.com/2013/05/24/220696/

・トヨタは4倍、全体では1兆円の利益増! 1ドル100円を突破の円安でクルマ業界の今後は?
https://clicccar.com/2013/05/21/220395/

・ホンダの営業利益がV字回復 ! 2014年も引き続き好調と予測 !
https://clicccar.com/2013/05/13/219567/

・トヨタが2013年度決算発表 ! 3ケタ台の大幅増益で1兆円超え!!
https://clicccar.com/2013/05/09/219407/

Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=224468

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事