自動車各社の株価が急騰!トヨタは昨年比2倍の6,000円台 !

安倍政権が発足した2012年12月以降、日本の経済指標となる日経平均株価がそれまでの8,000円台後半から年末には1万円台の大台を突破。

日経平均株価

 株価はその後も上昇し続けており、5月20日時点の 終値は15,360円と、年初来高値を更新しています。これは2007年12月11日に付けた16,045円以来、約5年半ぶりの高値水準。

日経平均株価 (出展 Yahoo)
日経平均株価 (出展 Yahoo)

一方、昨年来1ドル70円台後半だった為替相場はその後、下落を続け、5月9日には遂に1ドル100円の大台を突破。さらに5月14日には1ドル102円代台に達しています。 

為替相場推移 (出展 Yahoo)
為替相場推移 (出展 Yahoo)

以前にお伝えしたとおり、この円安傾向が自動車業界の営業利益に及ぼす影響は絶大で、トヨタの場合、昨年後半に低迷していた営業利益が今年に入ると、一気に約4倍に急拡大。 

同様に日産も営業利益が約2.8倍に急拡大するなど、各社の経営状況に大きな変化が現れており、国内の主要自動車メーカー7社の2012年3月期の営業利益に於ける円安効果は合わせて約1兆円レベルにまで達しています。 

こうした流れを受けて大手3社の株価も高値を更新し続けており、トヨタの場合、昨年までの3,000円台から4月には5,000円を突破、5月20日には6,590円まで上昇。 

トヨタ株価推移 (出展 日経新聞)
トヨタ株価推移 (出展 日経新聞)

ホンダの株価も昨年までの2,000円台から急上昇中で、5月初めには4,000円台に突入、5月20日時点で4,275円となりました。 

ホンダ株価推移 (出展 日経新聞)
ホンダ株価推移 (出展 日経新聞)

日産も昨年までの700円台から5月20日時点で1,225円まで上昇しています。 

日産株価推移 (出展 日経新聞)
日産株価推移 (出展 日経新聞)

トヨタは2007年に株価が8,000円弱に達していた時期が有り、現在のペースで株価が上昇すればその当時のレベルまで復活する可能性も。こうした傾向はホンダや日産も同様。

自動車各社の経営状態を示すバロメーターとも言うべき株価の今後の動きが注目されます。 

〔関連記事〕
・トヨタは4倍、全体では1兆円の利益増! 1ドル100円を突破の円安でクルマ業界の今後は?
https://clicccar.com/2013/05/21/220395/ 

・トヨタが2013年度決算発表 ! 3ケタ台の大幅増益で1兆円超え!!
https://clicccar.com/2013/05/09/219407/ 

・ホンダの営業利益がV字回復 ! 2014年も引き続き好調と予測 !
https://clicccar.com/2013/05/13/219567/ 

・日産が2013年3月期決算で増収ながらも4年ぶりの減益に !
https://clicccar.com/2013/05/14/219671/ 

・アベノミクス効果で品質問題に揺れる三菱自も「増収・増益」!
https://clicccar.com/2013/05/16/219938/

・「円安」が日本の自動車業界に与える影響はこんなに大きい ! アベノミクス効果か?
https://clicccar.com/2013/04/15/217831/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=220696

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。