イギリス軍ではなくイタリア車だとわかると女性たちがちょっとセクシーになるフィアット500のCM【動画】

ときは18世紀。アメリカがまだイギリスの植民地だった時代です。アメリカの田舎ののどかな町になにものかが侵略してきます。それをいちはやく見つけた男が叫びます「The British Are Coming!(イギリス軍が来ている)」。町のひとびとに緊張が走ります。じつはこれは有名なセリフで、アメリカ独立戦争で大きな転機となったレキシントン・コンコードの戦いにおいて、愛国者ポール・リビアが敵の襲来を味方に知らせたセリフです。これはその伝説的なエピソードのパロディなんですね。

 Fiat500L_01

ところが、よく見てみると、やって来たのはイギリス軍ではありませんでした。「ちがう。来たのはイタリア車だ」。そう、赤いフィアット500Lが隊列を作って疾走してくるではありませんか! ここで町の女性たちの態度が豹変します。田舎くさい上着を脱ぎ捨ててミニスカートになり、肩を出し、現代風のショートカットにして、みょうにセクシーになってしまいます。どうもみんなフィアット500に乗りたかったみたいです。

 Fiat500L_02

以前もフィアット500アバルトのCMを紹介したことがありますが、アメリカにおけるイタリアのイメージっていうのは、そうとう洒落てて楽しそうな感じのようですね。もしアメリカがイタリアの植民地だったとしたら、いまごろまだ独立できていないかもしれません。

YouTube Preview Image

(まめ蔵)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事