シトロエン「C3」がフェイスリフトで日本発売!価格は210万円~

フェイスリフトしたニューC3が2013年7月5日より発売されることが発表されました。グレードは、「セダクション」と「エクスクルーシブ」の2つ、いずれも1.6リッターのエンジンに4速ATが組み合わされた前輪駆動のコンパクトモデルです。

2014_c3_mmc006

フロントシートの頭上まで伸びた、開放感あふれる「ゼニスフロントウインドウ」や全長4mを切る取り回しに優れた5ドアハッチバックボディといった美点はそのままに、幅広になったダブルシェブロン(シトロエンのエンブレム)とボディ同色バンパーが生み出すニューフェイスが個性を強めています。またLEDランプは、クラスを超えた高級感を狙った装備ということです。

インテリアではシートデザインが見直されているほか、ダッシュボードの加飾パネルが新色(セダクション:タングステン/エクスクルーシブ:グリミラー)となっています。

2014_c3_mmc007 

ボディカラーは新色のブルー アンクル、ルージュ ルビに、ブラン バンキーズ 、ノアール ペルラネラ、ブラン ヒッコリーを加えた全5色。メーカー希望小売価格は、セダクションが210万円、エクスクルーシブが240万円となっています。

■主要諸元 
全長:3955mm
全幅:1730mm
全高:1530mm
ホイールベース:2465mm
車両重量:1210kg
エンジン型式:5F01
エンジン種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1598cc
最高出力:88kW/6000rpm
最大トルク:160Nm/4250rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料消費率(JC08モード):12.1km/L
タイヤサイズ:195/55R16

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。