「エンジン・オブ・ザ・イヤー2013」はフォードが連覇! 日本勢はまた圏外に

世界35ヵ国、84名の自動車ジャーナリストにより投票される「インターナショナル エンジン・オブ・ザ・イヤー」が今年も決定しました。

 

enginoftheyear2013

トータルランキングのトップとなったのは2年連続でフォードのECOブーストエンジン。999ccの3気筒直噴ターボという、まさにダウンサイジング・トレンドの申し子のようなプロフィールと実力が評価されました。

このフォードECOブースト・エンジンはドイツで生産され、欧州を中心にインドや中国へ展開しているというグローバルユニットということです。

ford_ecoboost999

1位 フォード 999cc 3気筒ターボ (主な搭載車:フィエスタ、 B-Maxなど) 
2位 フォルクスワーゲン1.4リッターTSIツインチャージャー (同:ポロ、ビートル、アウディA3など)
3位 BMW 2.0リッター4気筒ツインターボ(同:BMW 125i、 320i,など)
4位 ポルシェ 2.7リッター直噴エンジン (同:ボクスター、ケイマン)
5位 フェラーリ 6.3リッターV12 (同:F12 Berlinetta) 
6位 BMW/PSA 1.6リッターターボ (同:ミニ・クーパーS、プジョー208、シトロエンDS4など)
7位 マクラーレン 3.8リッターV8 (同:MP4-12C)
8位 アウディ 2.5リッター5気筒 (同:TT RSなど)

また、新登場したエンジンだけのランキングといえる「ニューエンジン・オブ・ザ・イヤー」は新型ゴルフに搭載される1.4リッターの気筒休止システム付きエンジンが選ばれています。

国産勢は、相変わらずランキングに顔を出すことが少なく、昨年同様「ニューエンジン・オブ・ザ・イヤー」の3位にマツダのSKYACTIV(2013年は2.5リッターガソリン)がランクインしているのが目立つ程度となっています。もっともゼネラル・モーターズやクライスラーもランキングに入っていないので、欧州中心のイベントという見方もできそうです。

■関連記事
エンジン・オブ・ザ・イヤー決定! 日本メーカーはランクインなしという悲しい結果に
https://clicccar.com/2012/06/15/165691/

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事