8型/9型大画面カーナビ、アルパイン「BIG X」に新シリーズが登場

車種専用取付による大画面化は、軽自動車にも及んでいますが、その流れを作ったのがアルパインです。2010年6月に登場した「ビッグXシリーズ」は、車種専用取付という手間とコストを掛けることで、長い間7型だった据え置き型ナビを8型へと大型化。いまや9型大画面もラインナップしています。

big_x01

今回発売された「新ビッグX EXシリーズ」は、従来の「純正コンソールと一体化した美しい装着」というコンセプトはそのままに、操作キーをはじめとした本体を車種ごとにデザインするという、純正ナビ顔負けの車種専用化を推し進めるもの。さらに、モニターまわりにLEDライティングを車種ごとに配置することで、高級感も演出されています。

いままで、4車種専用モデルで展開されていた「ビッグX EXシリーズ」は、「新ビッグX EXシリーズ」になり、従来のヴェルファイア/アルファードに加えて、プリウス、エスティマ、ステップワゴンスパーダを追加することで、9型大画面専用モデルが12車種まで拡大。8型画面は、セレナとアクア向けの2車種を用意しています。

big_x02

新機能も追加され、「新ビッグX EXシリーズ」と「X008Vシリーズ」には、スマホ連携機能により「まっぷるマガジン」などをベースにした「おでかけスポット情報」をナビに転送することで簡単に目的地設定が可能になっています。

また、立ち寄りスポットを検索できる「お気に入り周辺検索」も搭載し、よく出かけるチェーン店を最大8つまで登録でき、ガソリンスタンドやコンビニ、ファミリーレストランなど、お気に入りの店やポイントを貯めているチェーンなども容易に検索できます。

さらに、後席用モニター「リアビジョン」を別売専用ケーブルで接続すると、後席のみでDVD再生が行える「リア独立DVD再生」も新たに搭載。前席では音楽を、後席ではDVDビデオを鑑賞することもできるようになったのも朗報です。

■アルパイン「新ビッグX EXシリーズ」
 http://www.alpine.co.jp/car-lineup/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。