新型ホンダ「NSX」が米オハイオ州の新工場で2015年に生産開始!

ホンダは2013年5月14日、米国ホンダR&Dアメリカズのオハイオセンターに近接する場所に約7,000万USドル(約66.5億円)を投資して、新型「NSX」を生産する工場、「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」を設立すると発表しました。

ホンダ NSX

この新工場は、ホンダにとってオハイオ州で3番目の四輪車生産工場となり、新型NSXの開発を行うホンダR&Dアメリカズのオハイオセンターに程近い、メアリズビル四輪車工場に隣接する場所に設立される模様。 

新型NSXは、「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」のみで生産され、北米での販売を皮切りに世界中に輸出する予定と言います。 

新型NSXの量産開始は2015年で、新工場では既存のオハイオ工場から約100名の従業員を選抜、新型NSXを高いクラフトマンシップで生産する為のトレーニングを開始。

ホンダ NSX

レクサス「LFA」は日本で設計され、愛知県豊田市の元町工場で全数生産されましたが、新型「NSX」は設計から生産までメインターゲットとなる米国で一貫して開発。 

次世代の直噴 VTEC V型6気筒エンジンと高効率モーターを内蔵した「DCT」(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせてミッドシップ配置、左右の前輪を独立した2つのモーターで駆動する電動式の四輪駆動システムを搭載したHVシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling – All Wheel Drive)」を搭載。 

初となる本格ミッドシップ・スーパー・スポーツHV、新型「NSX」の2015年登場が大いに待たれます。

 (Avanti Yasunori

〔関連記事〕

・ホンダ伊東社長が「成長戦略」を発表 ! その怒涛の中身とは ?
  https://clicccar.com/2012/09/22/199219/

・ホンダの世界戦略が見えた! NSXなど一挙公開! 【デトロイトショー2012】
 https://clicccar.com/2012/01/14/101006/

・ファン必見! 100台超えのNSXがヨットハーバーに大集合! 【NSXラグーナミーティング】
 https://clicccar.com/2011/10/24/73132/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。