本格EV「BMW i3」年内にも本国発売。日本投入は来年か!?

BMWのEVといえば、MINI E、タイムズ24池袋や横浜でカーシェアリングで貸し出している「Active E」があります。しかし、BMWの本格的なEVであり、本命といえるのが「BMW i3」。なお、「i」が先につく車名は、BMWのサブブランドでもあります。

bmw_i3_01

「i3」は大量生産によるプレミアムEVが最大の特徴で、いわゆる「タンクtoホイール」のエミッションゼロだけでなく、生産段階での環境への影響もできる限り抑えられているのが次世代EVといえる理由です。

bmw_i3_02

生産面では、100%に達する風力や水力によるカーボン・ファイバー生産を実現し、ライプツィヒ工場では必要な電力の全量水力発電でまかなわれています。大量生産による炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を実現するのもエポックですが、CFRP製コンポーネントのリサイクル時間の短縮を達成しているとのこと。

bmw_i3_05 bmw_i3_04

BMWでは、10カ国1000人にのぼるテストドライバーにより2000万kmのテスト走行を行い、EVの航続距離は平均で1日40kmというデータを得ているそうです。

そうなると、気になる航続距離はまだ明らかにされていませんが、「i3 Concept Coupe」の場合は130〜160kmと、航続モードの違いはありますが日産リーフと似たような距離になりそうです。

ただ、バッテリーの加熱冷却システムは航続距離への影響を抑え、1シリーズや3シリーズなど現在のガソリン車にも採用されている「EcoPro」モードに加え、エアコンによるエネルギー削減を30%節減するなど、200kmmまで航続距離を延ばせるとのこと。

「BMW i3」も市場投入が今年とアナウンスされましたが、日本ではおそらく来年になるはずで、伸び悩むEV市場に一石を投じるか注目です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。