2013年1月、欧州のCセグメントでもっとも伸びたクルマはトヨタ・オーリス

 オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパが欧州28カ国で調査したCセグメントの販売データによると、2013年1月の実績を前年比で見たときに最も伸びているのはトヨタ・オーリスであることが判明したということです。 

Cセグメント全体としては2012年1月の約15.5万台に対して、2013年1月は約13.7万台と前年比マイナス12%と 減少していますが、そうしたトレンドの中で、トヨタ・オーリスは前年の5806台から7658台となり、前年比32%の伸びを示しました。 

AURIS_TS_05_GMS-2013__mid

その理由を、トヨタヨーロッパは、ハイブリッドの人気による部分が大きいとしています。

なお、Cセグメントのシェアトップ3については減少傾向。最人気モデルのフォルクスワーゲン・ゴルフは36753台から30319台となり、前年比マイナス18%と販売台数を減らしています。続く2番手のフォード・フォーカスも22300台から17560台へと21%減 、3番手のオペル・アストラは2012年1月の17115台から2013年は16883台と微減に留まっているという状況です。

一方で、ヒュンダイi30が前年比30%増となる7343台を販売するなど、アジア系ブランドが躍進する欧州Cセグメントといえそうです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。