トヨタ「i-ROAD」画像ギャラリー -新感覚のリーンして曲がる3輪の電気自動車

トヨタがジュネーブモーターショー2013にて世界初公開するコンセプトカー「i-ROAD」は、フロントが細身の16インチタイヤ2輪、リヤは10インチの小径タイヤ1輪という3輪の電気自動車です。日本だけなくヨーロッパでも新トレンドとなっているタンデム2名乗車のパーソナルモビリティに対するトヨタの解答といえるクルマですが、コンセプトにとどまることなく実用化へ向けて開発を進めると発表されています。

 

関連記事
トヨタのリーンするパーソナルモビリティがジュネーブモーターショーでデビュー【動画】 

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。